IndieTokyoとは何か?

IndieTokyoは、映画批評家の大寺眞輔を中心に2015年に結成されました。インディペンデント/アート映画のための情報媒体であり集会所であり運動組織でもあります。 経済原則ばかりが映画の世界を一元的に支配しつつある状況に対し、とにかく何でもやってみよう!他人の批判よりまず自分たちでやってみよう!というDIY精神を掲げています。国内外の最新映画情報をどこより早く伝えると同時に、海外作品の配給や上映、海外映画作家の招聘、そして映画作家、映画人、映画ファンの交流を世界的に進めることを目指します。 海外との権利交渉から日本語字幕作り、宣伝まで全てDIYで行ったジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督作品レトロスペクティブ上映や新文芸坐シネマテークなど、上映活動も旺盛に行っています。
さらに詳しく広告について

World News

  • [535] グレタ・ガーウィグの初監督作『Lady Bird』
  • [534]『Maria by Callas: In Her Own Words』の上映権が ソニー・ピクチャーズ・クラシックスへ
  • [533] 過熱する伝記映画の賞レース
  • [532] ワイズマン新作について
  • [531]ポール・シュレイダーVSスローシネマ
  • [530]欧州進出を続けるNetflix、デイミアン・チャゼルとタッグ
  • [529]ダーレン・アロノフスキー『マザー!』での新しい試み
  • [528]ブリュノ・デュモンの描く歌って踊る聖女ジャンヌ・ダルク
  • [527]裏社会を生きるマスクマンは新たなヒーローとなり得るか?
  • [526] 小津の世界と現代をつなぐKogonada監督初長編作『Columbus』
  • [525]『ダンケルク』におけるハンス・ジマー、ベンジャミン・ウォルフィッシュ、ローン・バルフェの音楽
  • [524]インタビューにみるMUBI
  • [523] ロバート・パティンソン、新作『グッド・タイム』と映画愛を語る
  • [522]資金難乗り越え、アブデラティフ・ケシシュ監督作品がヴェネチア国際映画祭出品
  • [521] 越境する撮影監督達
  • [520] ハリウッド、シリーズ時代の終焉?
  • [519]コーエン兄弟、ディズニー、Netflix
  • [518]イーサン・ホークが語る「ビフォア」シリーズの続編の可能性
  • [517]Amazonが見据える映画産業の展望
  • [516]『すばらしき映画音楽たち』: マット・シュレーダー監督が提示する5つのこと
  • [515] 社会問題を扱う映画祭、カルロヴィ・ヴァリー国際映画祭と今年のノミネート作品について
  • [514] 英国映画協会、インディペンデント映画を救うための一大プロジェクトを始動
  • [513]最近のゴダールについて
  • [512]ソフィア・コッポラ監督最新作インタビュー
  • [511]レビューは映画を殺すのか?米レビューサイトROTTEN TOMATOESをめぐる攻防
  • [510]わたしはエキセントリックでパンクなおばあちゃんです。—アニエス・ヴァルダ
  • [509]『エイリアン: コヴェナント』までのシリーズ6作品の音楽: その背景に隠された物語
  • [508]ジム・ジャームッシュ監督『パターソン』について
  • [507] 『Rough Night』に見るコメディ映画の新たな傾向
  • [506]フランソワ・オゾン新作 
  • [505] アッバス・キアロスタミは映画より写真の方が好きだった?
  • [504]実写版「AKIRA」映画化について、東京生まれLA育ちのフィルムメーカーヒロ・ムライが語る。
  • [503]トランプ時代のアメリカに走る『侍女の物語』の衝撃
  • [502] ニコール・キッドマンが女性監督の作品に出る理由
  • [501] 『タンジェリン』監督最新作は35mmフィルムで撮影!
  • [500]トッド・ヘインズ最新作”Wonderstruck”
  • [499]ハリウッドにおける女性の映画音楽作曲家たちの現状
  • [498]『この世界の片隅に』海外での評価
  • [497] 『ツイン・ピークス』新シリーズがスタート
  • [496]マイケル・ムーア監督『華氏119』製作を発表
  • [495]冒頭のレイプシーンが各地でセンセーショナルな反応を引き起こした作品『ELLE』について
  • [494]カンヌ論争
  • [493]『Raw』監督インタビューで強調するヒューマニティについて
  • [492]中東最大の映画祭「ファジル国際映画祭」
  • [491]『スウィート17モンスター』新たな青春映画の古典
  • [490]韓国THAAD配備を巡る"北京国際映画祭"への中国当局の介入
  • [489] 生き抜いていく力を描き続ける女性監督カテル・キレヴェレ新作
  • [488]ディズニーの実写版『美女と野獣』から作詞家ハワード・アッシュマンを振り返る
  • [487]監督と批評家の相互フォローってどうよ?
  • [486]オスカー、ルール変更によるアニメーション映画への影響とは

[IndieTokyo Blog]

Login

ハンナだけど、生きていく!
新文芸坐
boid magazine
『ローリング』
IndieTokyo

最新の投稿