IndieTokyoとは何か?

IndieTokyoは、映画批評家の大寺眞輔を中心に2015年に結成されました。インディペンデント/アート映画のための情報媒体であり集会所であり運動組織でもあります。 経済原則ばかりが映画の世界を一元的に支配しつつある状況に対し、とにかく何でもやってみよう!他人の批判よりまず自分たちでやってみよう!というDIY精神を掲げています。国内外の最新映画情報をどこより早く伝えると同時に、海外作品の配給や上映、海外映画作家の招聘、そして映画作家、映画人、映画ファンの交流を世界的に進めることを目指します。 海外との権利交渉から日本語字幕作り、宣伝まで全てDIYで行ったジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督作品レトロスペクティブ上映や新文芸坐シネマテークなど、上映活動も旺盛に行っています。
さらに詳しく広告について

World News

  • [550]『ブレードランナー2049』の作曲家たち:ヨハンソン降板からジマー&ウォルフィッシュ登板へ
  • [549]『追悼』アンヌ・ヴィアゼムスキー
  • [548]第28回ディナール英国映画祭が閉幕
  • [547]撮影監督ロジャー・ディーキンス
  • [546] ソダーバーグ監督×HBO、新作ドラマは体験型アプリでリリース
  • [545]ハリウッドの大物プロデューサー、セクハラで告発される
  • [544] ホラーが映画館を救う?! ITのヒットに見る、昨今のホラー映画事情
  • [543] 『Le Redoutable』の周辺について
  • [542]明日の世界:エピソード2
  • [541]子供時代から紡ぎ出されるマイケル・ジアッキーノの音楽:『スパイダーマン ホームカミング』、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』
  • [540]佐川一政の現在を描いたドキュメンタリー『Caniba』
  • [539] 18年間のブランクから始まる『On Body and Soul』
  • [538]拡大するVODとデジタル税制について
  • [537] ARRI 100年の歴史
  • [536]リチャード・リンクレーター、新作で戦争を語る
  • [535] グレタ・ガーウィグの初監督作『Lady Bird』
  • [534]『Maria by Callas: In Her Own Words』の上映権が ソニー・ピクチャーズ・クラシックスへ
  • [533] 過熱する伝記映画の賞レース
  • [532] ワイズマン新作について
  • [531]ポール・シュレイダーVSスローシネマ
  • [530]欧州進出を続けるNetflix、デイミアン・チャゼルとタッグ
  • [529]ダーレン・アロノフスキー『マザー!』での新しい試み
  • [528]ブリュノ・デュモンの描く歌って踊る聖女ジャンヌ・ダルク
  • [527]裏社会を生きるマスクマンは新たなヒーローとなり得るか?
  • [526] 小津の世界と現代をつなぐKogonada監督初長編作『Columbus』
  • [525]『ダンケルク』におけるハンス・ジマー、ベンジャミン・ウォルフィッシュ、ローン・バルフェの音楽
  • [524]インタビューにみるMUBI
  • [523] ロバート・パティンソン、新作『グッド・タイム』と映画愛を語る
  • [522]資金難乗り越え、アブデラティフ・ケシシュ監督作品がヴェネチア国際映画祭出品
  • [521] 越境する撮影監督達
  • [520] ハリウッド、シリーズ時代の終焉?
  • [519]コーエン兄弟、ディズニー、Netflix
  • [518]イーサン・ホークが語る「ビフォア」シリーズの続編の可能性
  • [517]Amazonが見据える映画産業の展望
  • [516]『すばらしき映画音楽たち』: マット・シュレーダー監督が提示する5つのこと
  • [515] 社会問題を扱う映画祭、カルロヴィ・ヴァリー国際映画祭と今年のノミネート作品について
  • [514] 英国映画協会、インディペンデント映画を救うための一大プロジェクトを始動
  • [513]最近のゴダールについて
  • [512]ソフィア・コッポラ監督最新作インタビュー
  • [511]レビューは映画を殺すのか?米レビューサイトROTTEN TOMATOESをめぐる攻防
  • [510]わたしはエキセントリックでパンクなおばあちゃんです。—アニエス・ヴァルダ
  • [509]『エイリアン: コヴェナント』までのシリーズ6作品の音楽: その背景に隠された物語
  • [508]ジム・ジャームッシュ監督『パターソン』について
  • [507] 『Rough Night』に見るコメディ映画の新たな傾向
  • [506]フランソワ・オゾン新作 
  • [505] アッバス・キアロスタミは映画より写真の方が好きだった?
  • [504]実写版「AKIRA」映画化について、東京生まれLA育ちのフィルムメーカーヒロ・ムライが語る。
  • [503]トランプ時代のアメリカに走る『侍女の物語』の衝撃
  • [502] ニコール・キッドマンが女性監督の作品に出る理由
  • [501] 『タンジェリン』監督最新作は35mmフィルムで撮影!

[IndieTokyo Blog]

Login

ハンナだけど、生きていく!
新文芸坐
boid magazine
『ローリング』
IndieTokyo

最新の投稿

  • [550]『ブレードランナー2049』の作曲家たち:ヨハンソン降板からジマー&ウォルフィッシュ登板へ
    [550]『ブレードランナー2049』の作曲家たち:ヨハンソン降板からジマー&ウォルフィッシュ登板へ
    1982年の映画『ブレードランナー』の世界から30年後を描いた続編『ブレードランナー 2049』の音楽を手掛けたのは、ハンス・ジマーとベンジャミン・ウォルフィッシュである。しかし、先の2人が当初から予定されていたわけでは...
  • [549]『追悼』アンヌ・ヴィアゼムスキー
    [549]『追悼』アンヌ・ヴィアゼムスキー
          10月5日、『中国女』などで知られる、ヌーヴェル・ヴァーグで愛された女優であり、優れた小説家でもあったアンヌ・ヴィアゼムスキーがガンで亡くなった。70歳であった。 ゴダールの元結婚相手でもあった彼女の自伝的小...
  • [548]第28回ディナール英国映画祭が閉幕
    [548]第28回ディナール英国映画祭が閉幕
     ディナール英国映画祭が2017年9月27日から10月1日まで開催された。英国映画祭がフランスのディナールで開催されることにいささか疑問を感じるが、ここには歴史的な理由がある。現在、フランス・ブルターニュ地方屈指の保養地...