IndieTokyoとは何か?

IndieTokyoは、映画批評家の大寺眞輔を中心に2015年に結成されました。インディペンデント/アート映画のための情報媒体であり集会所であり運動組織でもあります。 経済原則ばかりが映画の世界を一元的に支配しつつある状況に対し、とにかく何でもやってみよう!他人の批判よりまず自分たちでやってみよう!というDIY精神を掲げています。国内外の最新映画情報をどこより早く伝えると同時に、海外作品の配給や上映、海外映画作家の招聘、そして映画作家、映画人、映画ファンの交流を世界的に進めることを目指します。 海外との権利交渉から日本語字幕作り、宣伝まで全てDIYで行ったジョアン・ペドロ・ロドリゲス監督作品レトロスペクティブ上映や新文芸坐シネマテークなど、上映活動も旺盛に行っています。
さらに詳しく広告について

World News

  • [568]彼はそこにいる――俳優ハリー・ディーン・スタントンが見せた最後にして最大の輝き
  • [567] Netflix配信作『マッドバウンド 哀しき友情』監督が語る自身の過去
  • [566] ギレルモ・デル・トロ監督、期待の新作『シェイプ・オブ・ウォーター』の世界観
  • [565]トルコ首都でのLGBT映画祭中止とその後
  • [564] ダニエル・デイ=ルイス、『Phantom Thread』と引退の理由を語る
  • [563] フランス映画における喫煙表象の排斥について
  • [562]『苦い銭』『ファンさん』王兵インタビュー
  • [561]ダーレン・アロノフスキー監督作『マザー!』におけるヨハン・ヨハンソンの役割:作曲家からサウンドコンサルタントへ
  • [560]ハーヴェイ・ワインスタインののちに
  • [559]ストリーミング配信会社、セクハラ事件への対応に追われる
  • [558] AFI出身の撮影監督と高柳雅暢
  • [557]タランティーノとワインスタイン
  • [556] 蛇から目を逸らさない人~『ジョーン・ディディオン:ザ・センター・ウィル・ノット・ホールド』
  • [555] VR時代の幕開けとなるか。 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督アカデミー特別業績賞を受賞。
  • [554] LGBT映画というジャンルに囚われない
  • [553]ウディ・アレン新作について
  • [552]女たちの戦争『ガーディアンズ』(グザヴィエ・ボーヴォワ)
  • [551]リュミエール賞受賞ウォン・カーウァイ「映画もTVもリュミエールの子どもたち」
  • [550]『ブレードランナー2049』の作曲家たち:ヨハンソン降板からジマー&ウォルフィッシュ登板へ
  • [549]『追悼』アンヌ・ヴィアゼムスキー
  • [548]第28回ディナール英国映画祭が閉幕
  • [547]撮影監督ロジャー・ディーキンス
  • [546] ソダーバーグ監督×HBO、新作ドラマは体験型アプリでリリース
  • [545]ハリウッドの大物プロデューサー、セクハラで告発される
  • [544] ホラーが映画館を救う?! ITのヒットに見る、昨今のホラー映画事情
  • [543] 『Le Redoutable』の周辺について
  • [542]明日の世界:エピソード2
  • [541]子供時代から紡ぎ出されるマイケル・ジアッキーノの音楽:『スパイダーマン ホームカミング』、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』
  • [540]佐川一政の現在を描いたドキュメンタリー『Caniba』
  • [539] 18年間のブランクから始まる『On Body and Soul』
  • [538]拡大するVODとデジタル税制について
  • [537] ARRI 100年の歴史
  • [536]リチャード・リンクレーター、新作で戦争を語る
  • [535] グレタ・ガーウィグの初監督作『Lady Bird』
  • [534]『Maria by Callas: In Her Own Words』の上映権が ソニー・ピクチャーズ・クラシックスへ
  • [533] 過熱する伝記映画の賞レース
  • [532] ワイズマン新作について
  • [531]ポール・シュレイダーVSスローシネマ
  • [530]欧州進出を続けるNetflix、デイミアン・チャゼルとタッグ
  • [529]ダーレン・アロノフスキー『マザー!』での新しい試み
  • [528]ブリュノ・デュモンの描く歌って踊る聖女ジャンヌ・ダルク
  • [527]裏社会を生きるマスクマンは新たなヒーローとなり得るか?
  • [526] 小津の世界と現代をつなぐKogonada監督初長編作『Columbus』
  • [525]『ダンケルク』におけるハンス・ジマー、ベンジャミン・ウォルフィッシュ、ローン・バルフェの音楽
  • [524]インタビューにみるMUBI
  • [523] ロバート・パティンソン、新作『グッド・タイム』と映画愛を語る
  • [522]資金難乗り越え、アブデラティフ・ケシシュ監督作品がヴェネチア国際映画祭出品
  • [521] 越境する撮影監督達
  • [520] ハリウッド、シリーズ時代の終焉?
  • [519]コーエン兄弟、ディズニー、Netflix

[IndieTokyo Blog]

Login

ハンナだけど、生きていく!
新文芸坐
boid magazine
『ローリング』
IndieTokyo

最新の投稿