アーティクル

[686] アカデミー賞の有力候補!?ピーター・ファレリーの新作『Green Book』

[686] アカデミー賞の有力候補!?ピーター・ファレリーの新作『Green Book』

トロント国際映画祭が9月6~16日に開催されました[*1]。今年で43回目の開催となった同映画祭は、審査員を置かないノン・コンペティションの映画祭ではあるものの観客や批評家が投票するいくつかの賞が設けられており、特に最高

続きを読む

[685] ウディ・アレンの妻、スン=イー・プレヴィンがついに語る

[685] ウディ・アレンの妻、スン=イー・プレヴィンがついに語る

元恋人、ミア・ファローとの間にもうけた養女、ディラン・ファローへの虐待疑惑により、批判の的となっているウディ・アレン。今年に入って、#MeToo運動により再び注目され、俳優たちがこぞってウディとの仕事を後悔し、ギャラをチ

続きを読む

[684] ヨルゴス・ランティモス最新作『女王陛下のお気に入り』は誰か?

[684] ヨルゴス・ランティモス最新作『女王陛下のお気に入り』は誰か?

ヨルゴス・ランティモスという名前を聞き脳裏に浮かぶのは太陽の光が燦々と輝く下で不気味な動きを繰り出す家族たちの姿。ほとんど白に近い色で光り輝く畑を縫うように寄り添って歩いていく禁断の恋人たち。心臓の底辺に響いていくような

続きを読む

[683]ジョン・クラシンスキー監督作『クワイエット・プレイス』におけるマルコ・ベルトラミの音楽

[683]ジョン・クラシンスキー監督作『クワイエット・プレイス』におけるマルコ・ベルトラミの音楽

ジョン・クラシンスキー監督の『クワイエット・プレイス』は、音に対して敏感に反応するモンスターによって命を奪われる世界で、サバイバルを繰り広げる1組の家族の物語である。 『クワイエット・プレイス』は、わずか1700万ドルの

続きを読む

[682]ツァイ・ミンリャンとヴェネチア国際映画祭

[682]ツァイ・ミンリャンとヴェネチア国際映画祭

            8月 29日より 9月 8日まで、イタリアのヴェネチアで第 75 回ヴェネチア国際映画祭が開催された。世界最古の映画祭で、カンヌ、ベルリ

続きを読む

[681]9月頃刊行の映画本について

[681]9月頃刊行の映画本について

 今回は9月頃に出版される、映画に関する英仏語の書籍を紹介する。  まず1冊目はコロンビア大学出版から①『カタストロフとしての未来:現代において災害をイメージする』(2018/09/18)を紹介したい。著者のEva Ho

続きを読む

[680]ニコラ・フィリベールの新作『De chaque instantどんなときも』がフランスで公開

[680]ニコラ・フィリベールの新作『De chaque instantどんなときも』がフランスで公開

 ドキュメンタリー映画の監督として有名なニコラ・フィリベールは8月29日、本国フランスで新作『De chaque instantどんなときも』(2018)を公開した。フィリベールはこれまで、フランスの田舎町にある小さな小

続きを読む

[679]撮影監督ロバート・イェーマン

[679]撮影監督ロバート・イェーマン

  今日本で公開されているミュージカル映画「マンマ・ミーア!ヒア・ウィ・ゴー」(1)。ABBAの曲をふんだんに使い大ヒットを記録した「マンマ・ミーア!」(2009年公開)の続編であり、主人公を演じたアマンダ・セ

続きを読む

[678]メカスとサリス、ヴィレッジ・ヴォイス

[678]メカスとサリス、ヴィレッジ・ヴォイス

 8月31日、ニューヨークを拠点とし、アメリカを代表するオルト・ウィークリーとして知られた「ヴィレッジ・ヴォイス」が廃刊された(#01)。プリント版の刊行は既に昨年8月に停止されていたが、現在のオーナーであるピーター・バ

続きを読む

[677]デイミアン・チャゼル最新作における、月面着陸の描写を巡る論争

[677]デイミアン・チャゼル最新作における、月面着陸の描写を巡る論争

2014年『セッション』で一斉を風靡し、2016年『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を圧巻させたデイミアン・チャゼル監督の映画最新作『ファースト・マン(原題:First Man)』。イタリアにて開催されているヴェネツィア国

続きを読む
1 / 6312345...102030...最後 »