アーティクル

【479】 大統領選後にアメリカの映画人が抱える苦悩とは?

 前回の大統領選挙の結果と、その結果として現在まで続いている混乱に、米国内で映画に関わる仕事をしている人々、とりわけインディペンデント映画やドキュメンタリーに関わる人々は、ある種の困惑を抱くとともに、何らかの決断を迫られ

続きを読む

[478]知られざる黒人作家の苦闘

[478]知られざる黒人作家の苦闘

 今年も各方面で大きなニュースとなったアカデミー賞。最も話題となったのは何と言っても『ラ・ラ・ランド』を中心とした作品賞候補であったが、今年のドキュメンタリー賞候補はどれも粒ぞろいでどの作品が受賞してもおかしくない状況だ

続きを読む

[477]仏映画会社Gaumont会長が娘に託した新時代

[477]仏映画会社Gaumont会長が娘に託した新時代

  3月1日、フランスの大手映画会社ゴーモン社(Gaumont)がシネマ・ゴーモン・パテ社(Les Cinémas Gaumont Pathé)に保有する34パーセントの株式を3億8000万ユーロで売却し、それを共同株主

続きを読む

[476]オスカー受賞後のアスガル・ファルハディ

[476]オスカー受賞後のアスガル・ファルハディ

 先月27日に開催された第89回アカデミー賞授賞式にて外国語映画賞を受賞したアスガル・ファルハディが火曜日にドーハのDFI(Doha Film Institute’s Qumra)にてスカイプを通した映画の講義を行った。

続きを読む

[475]『千と千尋の神隠し』以来のコンペ部門選出『Have A Nice Day』とは?

[475]『千と千尋の神隠し』以来のコンペ部門選出『Have A Nice Day』とは?

中国の映画監督リウ・ジャンの第2作「Have A Nice Day」がベルリン国際映画祭で話題を集めている。 2010年の痛烈なデビュー作「Piercing 1」から引き続き、韓国が物語の舞台だ。 ベルリン国際映画祭20

続きを読む

[474] ホラー映画の可能性『Get Out』: 恐怖から見える社会とは

[474] ホラー映画の可能性『Get Out』: 恐怖から見える社会とは

近年、インディ界におけるホラーがとても熱い。日本で昨年公開された『イット・フォローズ』ではジェンダー、『The Witch』では敬虔なクリスチャンである家族たちの心の変容を描きそれぞれ大きな話題を呼んだ。社会に潜む問題を

続きを読む

[473]『Logan/ローガン』ウルヴァリン史上初のR指定はヒュー・ジャックマンへの花道となるか?

[473]『Logan/ローガン』ウルヴァリン史上初のR指定はヒュー・ジャックマンへの花道となるか?

鋭い爪を持つ異形のヒーロー“ウルヴァリン”。マーベル・コミック刊行のヒーロー漫画『X-MEN』に登場するキャラクターの中でも絶大の人気を誇り、X-MENシリーズの映画への出演はもちろん、彼を主役にしたスピンオフ作品がこれ

続きを読む

[472] 第89回アカデミー賞から考えるアメリカ

[472] 第89回アカデミー賞から考えるアメリカ

[472] 「すばらしい年だ。黒人がNASAを救い、白人がジャズを救う。」 アカデミー賞司会のジミー・キンメルは、『ラ・ラ・ランド』と『Hidden Figures』を例にあげ、今年の作品賞のノミネートをこう評した。 昨

続きを読む

[471]デビッド・ロウリーの新作”A Ghost Story”

[471]デビッド・ロウリーの新作”A Ghost Story”

ディズニー映画『ピートと秘密の友達』を監督したデビッド・ロウリーの最新作”A Ghost Story”が先月末まで開催されていたサンダンス映画祭で上映され、話題となっている。 ”A Ghost Story”は監督の以前の

続きを読む

[470]映画の中の合衆国大統領

[470]映画の中の合衆国大統領

2月20日は合衆国のプレジデント・デイでした。これは歴代大統領をたたえる祝日です。今回のWorld Newsはアメリカ合衆国の大統領についての記事です。   昨年の大統領選の直前の10月30日に、The Sydney M

続きを読む
1 / 4212345...102030...最後 »