アーティクル

[535] グレタ・ガーウィグの初監督作『Lady Bird』

[535] グレタ・ガーウィグの初監督作『Lady Bird』

今月上旬に開催されたテルユライド映画祭、トロント国際映画祭の両映画祭で注目を集めた作品のひとつが女優グレタ・ガーウィグの長編処女作『Lady Bird』[*1]です。17歳の女子高校生のいわゆる成長物語(coming-o

続きを読む

[534]『Maria by Callas: In Her Own Words』の上映権が ソニー・ピクチャーズ・クラシックスへ

[534]『Maria by Callas: In Her Own Words』の上映権が ソニー・ピクチャーズ・クラシックスへ

 ソニー・ピクチャーズ・クラシックスは『Maria by Callas: In Her Own Words』の上映権を得た。この映画はギリシャ系アメリカ人のオペラ歌手マリア・カラスのドキュメンタリー作品である。ソニー・ピ

続きを読む

[533] 過熱する伝記映画の賞レース

[533] 過熱する伝記映画の賞レース

アカデミー賞へとつづく賞レースの始まりとも言われるトロント国際映画祭。今年、優れた伝記映画が多いことが話題になっている。 例えば、リレハンメル五輪直前に起こった「ナンシー・ケリガン襲撃事件」に関わるなどして話題になったフ

続きを読む

[532] ワイズマン新作について

[532] ワイズマン新作について

先日行われたヴェネツィア国際映画祭において、アメリカのドキュメンタリー監督フレデリック・ワイズマンの新作”Ex Libris – New York Public Library”が出品され、コンペティションに

続きを読む

[531]ポール・シュレイダーVSスローシネマ

[531]ポール・シュレイダーVSスローシネマ

 ポール・シュレイダーの新作『First Reformed』が現在開催中のヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で公式上映された(#1)。既に多くのレビューが様々なサイトにアップされているが、シュレイダーの代表作ともな

続きを読む

[530]欧州進出を続けるNetflix、デイミアン・チャゼルとタッグ

[530]欧州進出を続けるNetflix、デイミアン・チャゼルとタッグ

2009年にミュージカル映画『Guy and Madeline on a Park Bench(原題)』で監督デビューし、『ラ・ラ・ランド』で一世を風靡したデイミアン・チャゼルが、Netflixオリジナルドラマ『The

続きを読む

[529]ダーレン・アロノフスキー『マザー!』での新しい試み

[529]ダーレン・アロノフスキー『マザー!』での新しい試み

 ダーレン・アロノフスキー監督最新作『マザー!』(Mother!, 2017)が、本日9月5日にようやく第57回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門にて上映される。これを皮切りに、第43回ドーヴィル・アメリカ映画祭

続きを読む

[528]ブリュノ・デュモンの描く歌って踊る聖女ジャンヌ・ダルク

[528]ブリュノ・デュモンの描く歌って踊る聖女ジャンヌ・ダルク

今ここに、新たなジャンヌ・ダルク映画が誕生した。 来たる9月6日、ブリュノ・デュモン監督最新作『JEANNETTE, L’ENFANCE DE JEANNE D’ARC』(ジャネット、ジャンヌ・ダ

続きを読む

[527]裏社会を生きるマスクマンは新たなヒーローとなり得るか?

[527]裏社会を生きるマスクマンは新たなヒーローとなり得るか?

予告編でまず画面に映し出されるのは、覆面姿のルカドール(メキシコ式プロレスのレスラー)。そして、妊婦を引きずり回し銃をぶっ放す男。覆面男は正義の味方なのか?と思った瞬間、彼はこの銃男にボコボコに殴られる。銃声、悲鳴、銃声

続きを読む

[526] 小津の世界と現代をつなぐKogonada監督初長編作『Columbus』

[526] 小津の世界と現代をつなぐKogonada監督初長編作『Columbus』

壮大な建築物の中で突然倒れる男性と図書館の建物の解説をひとりで延々と呟く少女の二場面からはじまる物語。舞台となるアメリカのインディアナ州にある地方都市・コロンバスはモダニズム建築の宝庫である。図書館でのアルバイトとツアー

続きを読む
1 / 4712345...102030...最後 »