Archive for the World News Category

[626]ジャン=リュック・ゴダールの新作について

[626]ジャン=リュック・ゴダールの新作について

 ジャン=リュック・ゴダールといえば、今年の5月8日から開催される第71回カンヌ国際映画祭のポスターに『気狂いピエロ』(1965)のジャン・ポール・ベルモントとアンナ・カリーナのキスシーンが使用されることが明らかとなった

続きを読む

[625]グザヴィエ・ドラン、新作のカンヌ国際映画祭招待を辞退

[625]グザヴィエ・ドラン、新作のカンヌ国際映画祭招待を辞退

いよいよ5月8日に開催が迫った第71回カンヌ国際映画祭。先週火曜日にそのラインナップが発表され期待と興奮が高まる中で、リストに入っていないことが驚かれている作品が少なからずある。今回はその中でもリスト外の事実に大きな衝撃

続きを読む

[624] 撮影監督ヤヌス・カミンスキーの光

  4月20日、スティーブン・スピルバーグ監督の最新作「レディー・プレイヤー1」が日本で公開される。(1)この映画はアーネスト・クライトンの小説「ゲームウォーズ」を原作としており舞台は2045年の未来、人々が食

続きを読む

[623]ハンガリーの監督、エニェディ・イルディコーの新作について

[623]ハンガリーの監督、エニェディ・イルディコーの新作について

エニェディ・イルディコーはハンガリー・ブダペスト出身の脚本家・映画監督である。『心と体と』は2017年ベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞を受賞している。 エニェディの新作『The Story of My Wife』にはレ

続きを読む

[622]ケネディー家のスキャンダルを描いた映画『チャパキディック』米国で公開

[622]ケネディー家のスキャンダルを描いた映画『チャパキディック』米国で公開

先日、エドワード・ケネディーのスキャンダルを題材とした映画『チャパキディック』(Chappaquiddick )がアメリカで公開され、議論を呼んでいる。ケネディー一族は第35代大統領であるジョン・F・ケネディを初めとして

続きを読む

[621]カンヌ国際映画祭とNetflixの争い

[621]カンヌ国際映画祭とNetflixの争い

12日に今年のカンヌ国際映画祭のラインナップが発表された。 昨年話題になった通り、カンヌ国際映画祭は劇場での公開がなされない映画をコンペティションの対象としないこと*1を発表していたが、それに対してNetflixが今年の

続きを読む

[620]『アナイアレイション』は何故ストリーミング配信されたか

[620]『アナイアレイション』は何故ストリーミング配信されたか

 『アナイアレイション -全滅領域-』は、アレックス・ガーランドによる二作目の監督作品である。アメリカでは劇場公開されたが、日本を含むそれ以外の地域ではNetflixを通じて世界同時配信された。海外映画批評家からの評価は

続きを読む

[619] 『Love, Simon』はミレニアル世代の“ジョン・ヒューズ映画”となるか?

[619] 『Love, Simon』はミレニアル世代の“ジョン・ヒューズ映画”となるか?

3月16日に全米公開された青春コメディ映画『Love, Simon』がヒットを記録しています。公開初週の全米興行成績では『ブラックパンサー』『トゥームレイダー ファースト・ミッション』といった大作には及ばなかったものの初

続きを読む

[618] 2001年宇宙の旅、オリジナル70mmでの上映が決定。また、本作が映画界に与えた影響とは。

[618] 2001年宇宙の旅、オリジナル70mmでの上映が決定。また、本作が映画界に与えた影響とは。

スタンリー・キューブリック監督の名作『2001年宇宙の旅』が、公開50周年となる今年のカンヌ国際映画祭で上映されることが発表された。 5月12日のクラシック部門にて、本作の大ファンであるクリストファー・ノーラン監督がプレ

続きを読む

[617] 今年のカンヌについて

[617] 今年のカンヌについて

来月20日より新作『レディ・プレイヤー1』が日本でも公開されるスピルバーグ監督は、ITV NewsのインタビューにおいてNetflix作品に対して苦言を呈していた。彼によると「一度でもテレビというフォーマットに足を踏み入

続きを読む
1 / 5612345...102030...最後 »