エピソード


撮影地

OC766635_P3001_186108
『若き詩人』の撮影地は、南仏にある港町セートです。
映画の舞台としてあまり登場する街ではありませんが、アブデラティフ・ケシシュの『クスクス粒の秘密』がこの街を描いたことでよく知られています。
映画の中では、海辺の墓地が印象的に登場します。
そして、その墓こそ、「海辺の墓地」を書いた詩人ポール・ヴァレリーの墓なのです!