アーティクル

[099]Rotten Tomatoesの時代に映画批評家はどこへ?

[099]Rotten Tomatoesの時代に映画批評家はどこへ?

映画批評の衰退が危惧されているのは、決して日本ばかりの現象ではありません。質的問題ではなく、出版業界全体の斜陽、そしてネットやブログ、SNS普及によるユーザーレビューの飽和、あるいはRotten Tomatoes(#1)

続きを読む

[093]デル・トロ監督がアドバイザーの映像コンペ

[093]デル・トロ監督がアドバイザーの映像コンペ

六本木ヒルズのスタジオを無料で使える! ギレルモ・デル・トロ監督がアドバイザーとなる映像コンペが始動。 『パシフィック・リム』や『GODZILLA ゴジラ 』を製作したレジェンダリー・エンターテイメント社が、YouTub

続きを読む

[090]革命前のイランが見えてくるー映画と女性2

[090]革命前のイランが見えてくるー映画と女性2

革命前のイランが見えてくるー映画と女性2 (1960年代後期〜1970年代初頭) 8月26日に投稿した[World News #082]の第二弾です! 第一弾をまだお読みでない方はこちらからどうぞ: https://m.

続きを読む

[088]トロント国際映画祭、チケット「売り過ぎ」でファン困惑

[088]トロント国際映画祭、チケット「売り過ぎ」でファン困惑

9月4日からの開催が目前に迫っている第39回トロント国際映画祭(TIFF)で、「チケットの売り過ぎ」という異例の事態が一部の観客を困惑させている(#1)。 予定数を超えて販売されたのは、5日のワールドプレミアを控えたビル

続きを読む

[086]ミア・ハンセン=ラヴ新作『Eden』

[086]ミア・ハンセン=ラヴ新作『Eden』

ミア・ハンセン=ラヴの新作“Eden” 時代を生き永らえた眼差し  「9月の初め、猛暑の終わりに、ハドソン川沿いのレッド・フックの工場地域から数歩にある、ブルックリンの人気のない狭い通りに私たちは集まった。そこにはオフィ

続きを読む

[084]『シャッター・アイランド』TVシリーズ化

[084]『シャッター・アイランド』TVシリーズ化

スコセッシ監督の『シャッター・アイランド』がTVシリーズになります。 いまアメリカでは、芸術家が作った映画作品と同様に、彼らの作るテレビ番組が敬意を持って扱われており、テレビの大スタジオではそうした作品の価値を熱心に保と

続きを読む

[082]革命前のイランが見えてくるー映画と女性1

[082]革命前のイランが見えてくるー映画と女性1

イランは、1979年の革命によりパフラヴィー政権が崩壊しイランイスラム共和国が誕生しました。パフラヴィー政権は西洋化を国民に強制し伝統や宗教を排除する政策をとっていたのに対して1979年以降のイスラム共和国はイスラム教を

続きを読む

[081]時代遅れの35mmフィルムの話

[081]時代遅れの35mmフィルムの話

 先日、クエンティン・タランティーノら映画監督がフィルム会社を救うというニュースが話題になった(*1)。とはいえ、近年DCP(デジタル・シネマ・パッケージの略)によるデジタル上映はもう随分と浸透しており、フィルムなんか時

続きを読む

[080]インディペンデント映画宣言!(米国映画作家編)

[080]インディペンデント映画宣言!(米国映画作家編)

世代の異なる3人のアメリカ人映画作家たち(61歳、37歳、30歳)によって、それぞれインディペンデント映画への考えが述べられた2つの記事が掲載されました。 一つは、インディペンデント映画のレジェンドと呼ぶべきジム・ジャー

続きを読む

[079]アブデラティフ・ケシシュ特集

[079]アブデラティフ・ケシシュ特集

昨年のカンヌ映画祭で最高賞“パルム・ドール”に輝いた、『アデル・ブルーは熱い色』。日本でも大きな称賛を受け、アデルとエマという「映画史に残る名ヒロイン」が新たに生まれたことは、私たちの記憶にも新しい。しかし、この映画の監

続きを読む