アーティクル

[597] イギリス映画にみる英国の理想と現実

[597] イギリス映画にみる英国の理想と現実

[597] 先々週、全米公開された『ピーター・ラビット』。『ステイフレンズ』、『ANNIE』のウィル・グレッグが監督し、人気番組『レイト×2 ショー』のホストも務めるコメディアンのジェームズ・コーデンをピーター・ラビット

続きを読む

[596]なぜハリウッドは英国を愛するのか

[596]なぜハリウッドは英国を愛するのか

■アカデミー賞にそよぐ英国の風 第90回アカデミー賞まで約2週間と迫った18日、ひと足先に英国アカデミー賞の授賞式がロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開かれました。オスカーの行方を占う前哨戦として有力視されている賞

続きを読む

[595]ブノワ・ジャコ監督最新作『Eva』——フィルム・ノワールに挑む

[595]ブノワ・ジャコ監督最新作『Eva』——フィルム・ノワールに挑む

 ブノワ・ジャコ監督最新作『Eva』(Eva, 2018)が、現在開催中の第68回ベルリン国際映画祭で上映された。ジャコはこれまで数々の文学作品を題材としてきたが、今作でもその手法をとっている。原作はジェイムズ・ハドリー

続きを読む

[594]ウェス・アンダーソン監督が語る『犬ヶ島』

[594]ウェス・アンダーソン監督が語る『犬ヶ島』

ウェス・アンダーソン監督の最新作である『犬ヶ島』が、先日2月15日に幕を開けた第68回ベルリン映画祭にてオープニング上映され、監督が作品について言及した。 『犬ヶ島』は、ディストピア未来における架空の日本を舞台に、失踪し

続きを読む

[593]ソフィア・コッポラとビヨンセのフィルム、2人の女性の眼差し

[593]ソフィア・コッポラとビヨンセのフィルム、2人の女性の眼差し

来週2月23日より公開されるソフィア・コッポラ監督の最新作「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」(*1)は1966年にトーマス・カリナンよって書かれた本を原作に映画を作っている。物語の舞台は南北戦争中の1

続きを読む

[592] 1月にアメリカで公開された、LGBTQ+を扱った映画特集

[592] 1月にアメリカで公開された、LGBTQ+を扱った映画特集

日本公開が一度延期されたものの、ついに2月3日に公開された「アバウト・レイ 16歳の決断」を筆頭に、今月24日には「ナチュラル・ウーマン」、3月には「彼の見つめる先に」「ビート・パー・メネッツ」、そして4月には「君の名前

続きを読む

[591]『ブラックパンサー』が熱狂的に迎えられる理由

[591]『ブラックパンサー』が熱狂的に迎えられる理由

来週2月16日に全米で公開、日本でも3月1日に公開される“マーベル映画”の最新作『ブラックパンサー』が、公開前から大きな話題を呼んでいます。経済誌Forbesの記事によれば、米チケット販売会社Fandangoでの公開初週

続きを読む

[590]『アメリ』監督、アカデミー賞13部門ノミネート作品『シェイプ・オブ・ウォーター』の剽窃を指摘

[590]『アメリ』監督、アカデミー賞13部門ノミネート作品『シェイプ・オブ・ウォーター』の剽窃を指摘

ギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』(原題:『The Shape of Water』)が盗作であると訴えられている。1962年アメリカを舞台に展開されるファンタジー・ロマンスである当作は2017年ベネ

続きを読む

[589] タランティーノ話題の新作と、ユマ・サーマンの告白。

[589] タランティーノ話題の新作と、ユマ・サーマンの告白。

クエンティン・タランティーノ第9作目となる新作の全米公開日が2019年8月9日と発表された。 すでに、レオナルド・ディカプリオの出演が決定している他、トム・クルーズやブラッド・ピット、マーゴット・ロビーなど豪華俳優陣の出

続きを読む

「第8回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」レビュー第9弾!『ヴィクトリア』

「第8回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」レビュー第9弾!『ヴィクトリア』

『ヴィクトリア』Vivtoria(97 分、フランス) 監督:ジャスティーヌ・トリエ 主演:ヴィルジニー・エフラ メルヴィル・プポー ヴァンサン・ラコステ       フランスのエリートたちっていまだに恋愛とセックスしか

続きを読む