アーティクル

[558] AFI出身の撮影監督と高柳雅暢

[558] AFI出身の撮影監督と高柳雅暢

今月11月9日から16日までアメリカ・ロサンゼルスでAFI FESTという映画祭が開催される。(#1) 主催はAmerican Film Instituteという機関で、映画祭ではリドリー・スコット監督の最新作「ALL

続きを読む

[557]タランティーノとワインスタイン

[557]タランティーノとワインスタイン

ハーヴェイ・ワインスタインのスキャンダルの波紋はまだ収束する気配が見えない。彼の最初の報道を皮切りに、他の映画関係者のセクハラも相次いで告発され、ハリウッドはかなり混乱状態だ。この混乱は様々な映画関係者に影響を与え、クエ

続きを読む

[556] 蛇から目を逸らさない人~『ジョーン・ディディオン:ザ・センター・ウィル・ノット・ホールド』

[556] 蛇から目を逸らさない人~『ジョーン・ディディオン:ザ・センター・ウィル・ノット・ホールド』

アメリカの作家、ジョーン・ディディオンに関するドキュメンタリー映画『ジョーン・ディディオン:ザ・センター・ウィル・ノット・ホールド』が10月27日からNetflixで配信されています[*1]。 1934年、カリフォルニア

続きを読む

[555] VR時代の幕開けとなるか。 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督アカデミー特別業績賞を受賞。

[555] VR時代の幕開けとなるか。 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督アカデミー特別業績賞を受賞。

先週、映画芸術科学アカデミーの理事会は、『バベル』や『バードマン』で知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督のVR(バーチャル・リアリティー)作品にアカデミー特別業績賞を授与することを発表した。 “

続きを読む

[554] LGBT映画というジャンルに囚われない

[554] LGBT映画というジャンルに囚われない

近年、昨年のアカデミー賞受賞作品『ムーンライト』や先日第28回ディナール英国映画祭でグランプリを受賞した『God’s Own Country』、日本公開が延期となった『アバウト・レイ 16歳の決断』、女性監督による『アン

続きを読む

[553]ウディ・アレン新作について

[553]ウディ・アレン新作について

近頃ウディ・アレンの周辺は比較的ざわついている。というのも大部分はワインスタインの件と関連してであるのだが、その中でアメリカにて今年の末に公開予定の”Wonder Wheel”に引き続き2018年に公開予定の新作”A R

続きを読む

[552]女たちの戦争『ガーディアンズ』(グザヴィエ・ボーヴォワ)

[552]女たちの戦争『ガーディアンズ』(グザヴィエ・ボーヴォワ)

 現在開催中の東京国際映画祭において、10月26日、グザヴィエ・ボーヴォワの新作『ガーディアンズ』が上映された。女性たちの視点から戦争と日常、恋愛、個人の幸福や家族の問題を捉えた、圧倒的な風格と日常生活のゴツゴツした手触

続きを読む

[551]リュミエール賞受賞ウォン・カーウァイ「映画もTVもリュミエールの子どもたち」

[551]リュミエール賞受賞ウォン・カーウァイ「映画もTVもリュミエールの子どもたち」

 10月14日から10月22日にかけて行われたリュミエール映画祭(仏)で、ウォン・カーウァイ監督がリュミエール賞を受賞した。2009年に始まったリュミエール映画祭は、シネマトグラフ誕生の地、つまりリュミエール兄弟が過ごし

続きを読む

[550]『ブレードランナー2049』の作曲家たち:ヨハンソン降板からジマー&ウォルフィッシュ登板へ

[550]『ブレードランナー2049』の作曲家たち:ヨハンソン降板からジマー&ウォルフィッシュ登板へ

1982年の映画『ブレードランナー』の世界から30年後を描いた続編『ブレードランナー 2049』の音楽を手掛けたのは、ハンス・ジマーとベンジャミン・ウォルフィッシュである。しかし、先の2人が当初から予定されていたわけでは

続きを読む

[549]『追悼』アンヌ・ヴィアゼムスキー

[549]『追悼』アンヌ・ヴィアゼムスキー

      10月5日、『中国女』などで知られる、ヌーヴェル・ヴァーグで愛された女優であり、優れた小説家でもあったアンヌ・ヴィアゼムスキーがガンで亡くなった。70歳であった。 ゴダールの元結婚相手でもあった彼女の自伝的小

続きを読む