[700]原子力潜水艦の沈没事故を描いた『Kursk』ー舞台がロシアであることの難しさとは

[700]原子力潜水艦の沈没事故を描いた『Kursk』ー舞台がロシアであることの難しさとは

 海底に深く潜り、いつ敵に見つかるかわからない恐怖-潜水艦はこれまでいくつもの映画で取り上げられてきた題材だ。だが、今回のWNで取り上げるのは、確実に迫りくる死にどう向き合うかを描いた新たな潜水艦映画だ。  『偽りなき者

続きを読む

[698]『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』におけるヒルドゥル・グズナドッティルの音楽

[698]『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』におけるヒルドゥル・グズナドッティルの音楽

2018年の映画『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』は、アメリカとメキシコの国境での麻薬戦争を描いた2015年の映画『ボーダーライン』の続編である。 前作の『ボーダーライン』においては、アイスランド出身のヨハン・ヨハ

続きを読む

[697]アサイヤス最新作『ノン・フィクション』—私たちは変わりゆく世界にどう適応するか/しないのか

   2019年に一般公開(仏)を控えたオリヴィエ・アサイヤス最新作『ノン・フィクション』が現在各地の映画祭で上映されている。『夏時間の庭』(2008)、『アクトレス〜女優たちの舞台〜』(2014)でも起用した

続きを読む

[695] 59分の3Dの長回しでカンヌを圧巻させたビー・ガン最新作『Long Day’s Journey Into Night』

[695] 59分の3Dの長回しでカンヌを圧巻させたビー・ガン最新作『Long Day’s Journey Into Night』

今年度カンヌ国際映画祭にて。 会場に入った観客たちは3Dメガネを渡され、1時間後にメガネを装着するようにという説明の書かれたカードを渡された。 ロカルノ映画祭でプレミア上映された初長編作『凱里ブルース』で最優秀新人監督賞

続きを読む