アーティクル

[152]B グリーク・ウィアード・ウェーブ:前編

[152]B グリーク・ウィアード・ウェーブ:前編

歴史は常に動いています。世界では様々な出来事が起こる。同じように、映画の世界でもたくさんの事件が起こり、多くの映画作家がその才能を発揮した作品を発表しています。しかし、日本に住み主に日本語で情報を遣り取りしている私たちは

続きを読む

[152]ウディ・アレン監督初のTVシリーズ決定

[152]ウディ・アレン監督初のTVシリーズ決定

米国の大手インターネット通販サイトAmazonの傘下で、ストリーミング配信向けコンテンツを制作するAmazon Studiosがウディ・アレン監督との契約を発表、TVシリーズの製作をウディ・アレンに委託したことが13日明

続きを読む

[151]芸術家の自由に関する映画監督たちの発言

[151]芸術家の自由に関する映画監督たちの発言

1月7日のシャルリー・エブド紙襲撃事件及び2014年12月の『ザ・インタビュー』公開を巡る問題を受けて、何人かの映画監督に対して芸術家の自由に関するインタビューが、Indiewire誌に掲載されました。以下が質問内容にな

続きを読む

[150]ベルトラン・ボネロが見据える現代の若者たち

[150]ベルトラン・ボネロが見据える現代の若者たち

昨年のカンヌ映画祭のコンペティション部門でイヴ・サンローランの悲劇的な半生を描いた伝記映画、『Saint Laurent』を発表したベルトラン・ボネロ監督。日本では『メゾン ある娼館の記憶』の監督として知られる彼がles

続きを読む

[149]撮影監督が語るウェス・アンダーソンとの仕事

[149]撮影監督が語るウェス・アンダーソンとの仕事

皆さんはロバート・イェーマン(#1)という撮影監督をご存知でしょうか?  1951年、アメリカ・フィラデルフィア生まれのイェーマンは、80年代からカメラマン、撮影監督としてのキャリアを開始、これまでに50本近い作品を手掛

続きを読む

[148]]『サンドラの週末』

[148]]『サンドラの週末』

『ある子供』、『少年と自転車』など映画祭受賞レース常連のジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟の最新作が日本にやってくる。 『サンドラの週末』(原題:deux jeurs, une nuit)は彼らの最新長編映画であ

続きを読む

[147]『Unbroken』

[147]『Unbroken』

クリスマスの今日、米国でのプレミアを迎える、女優のアンジェリーナ・ジョリーがメガフォンを撮った『Unbroken』が物議をかもしている。本作は太平洋戦争にあって捕虜として日本陸軍から虐待を受けた経験を持つイタリア系アメリ

続きを読む

[141]25年目の『ドゥ・ザ・ライト・シング』!

[141]25年目の『ドゥ・ザ・ライト・シング』!

サミュエル・L・ジャクソンが観客に向かって「ウェイク・アップ!」と叫んだのが1989年(日本公開はその翌年)。スパイク・リー監督・主演によるこのド派手で極彩色の陰惨なコメディ『ドゥ・ザ・ライト・シング』(#1)が、人種差

続きを読む

[140]『White God』

[140]『White God』

カンヌの「ある視点」部門グランプリ受賞作品 サミュエル・フラーの“White Dog”ならぬ、コーネル・ムンドルツォの“White God”、アメリカとフランスで公開へ    今年のカンヌでは2匹の犬が観客に強い印象を残

続きを読む

[139]リース・ウィザースプーン、変革の年?

[139]リース・ウィザースプーン、変革の年?

先週末、リース・ウィザースプーンの主演最新作“Wild”がアメリカで公開されました。アメリカ西海岸を南北に縦走する自然歩道「パシフィック・クレスト・トレイル」を1770㎞、単独で踏破した女性シェリル・ストレイドの自叙伝を

続きを読む