Archive for the World News Category

[276]パゾリーニの「最後の一日」が映画化 アベル・フェラーラ監督

[276]パゾリーニの「最後の一日」が映画化 アベル・フェラーラ監督

   イタリア映画史を代表する詩人/映画監督であるピエロ・パオロ・パゾリーニが、『ソドムの市』完成直後の1975年、何者かによって撲殺されてから今年は40年の節目となる。その人生最後の日に焦点をあてた物語が、『

続きを読む

[275] フレデリック・ワイズマンと国家

[275] フレデリック・ワイズマンと国家

 現在開催中のヴェネチア国際映画祭のコンペティション外部門でフレデリック・ワイズマンの新作ドキュメンタリー、『In Jackson Heights』が上映された。本作はニューヨークのクイーンズにあるジャクソン・ハイツとい

続きを読む

[274]ホウ・シャオシェン監督が語る武侠映画

[274]ホウ・シャオシェン監督が語る武侠映画

ホウ・シャオシェン監督の新作『黒衣の刺客』が今月12日(土)にいよいよ公開されます。武侠映画という聞きなれないジャンルに挑戦した新作はどういった映画なのでしょうか。今回は、そもそも中国の中で武侠小説とはどういう位置づけな

続きを読む

[273]モロッコで女性映画監督になるということ

[273]モロッコで女性映画監督になるということ

「生まれてからずっと26年間、モロッコで育ってきた。それ以外今の私に話せることはないわ」そう答えるのはモロッコの若手女性映画監督、Rim Mejdi。モロッコの小規模な映画業界で映画を作る若い女性、という逆境に直面しなが

続きを読む

[272] イングリッド・バーグマン生誕100年

[272] イングリッド・バーグマン生誕100年

今年は20世紀を代表する国際的女優のひとり、イングリッド・バーグマンの生誕100周年の年です。5月に開催されたカンヌ国際映画祭の公式ポスターで彼女の写真が使用されたのをはじめ、すでに世界各国で回顧展や記念イベントが開催さ

続きを読む

[271] 現代トルコのジェームズ・ディーン的ヒロインたち、セクシュアリゼーションを超えて

[271] 現代トルコのジェームズ・ディーン的ヒロインたち、セクシュアリゼーションを超えて

  8月も終わりに近づきつつあるが、今月半ばにバルカン半島ではサラエヴォ映画祭が開催された。21回目を迎える欧州南東の主要なこの映画イベントで、今年はトルコ人女性監督デニズ・ガムゼ・エルグヴァン(Deniz G

続きを読む

[270]話題を呼ぶタランティーノ最新インタビュー

[270]話題を呼ぶタランティーノ最新インタビュー

 クエンティン・タランティーノは、現在、再びウェスタンを題材に選んだ最新作『THE HATEFUL EIGHT』の編集に余念がない。作業は、冒頭から1時間程度のところまで終了し、これをエンディングまで続けた後、さらにブラ

続きを読む

[269]『フランシス・ハ』の名コンビ、新作に期待!

[269]『フランシス・ハ』の名コンビ、新作に期待!

 2012年公開のノア・バームバック監督、グレタ・ガーウィグ主演映画『フランシス・ハ』が大ヒットしたことは記憶に新しい。不器用な主人公フランシス(グレタ・ガーウィグ)の生き方をみて、自分もがんばろうと思った人も少なくない

続きを読む

[268]グループで映画制作をするということ―ベルリン派の監督たちから

[268]グループで映画制作をするということ―ベルリン派の監督たちから

[#268]グループで[映画制作をするということ―ベルリン派の監督たちから 先週から日本でも新作『あの日のように抱きしめて』が公開されているクリスティアン・ペッツォルト監督の作品には、ほぼ毎回女優のニーナ・ホスが起用され

続きを読む

[267] ムーア新作は再び「アメリカの軍事産業」

[267]  ムーア新作は再び「アメリカの軍事産業」

     2003年、マイケル・ムーア監督の『ボーリング・フォー・コロンバイン』はアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門の作品賞を受賞する。ラジオのようなナレーションによって構成された、動く風刺画のよう

続きを読む