【東京フィルメックス2018日記】①(板井)

【東京フィルメックス2018日記】①(板井)

今年、19回目を迎える東京フィルメックスのレポートをお届けします。 今回は第一回として、11月18日(日)に上映されたアミール・ナデリ『期待』、フー・ボー『象は静かに座っている』、リティ・パン『名前のない墓』の3作品を紹

続きを読む

精神の解放をテーマにした『ザ・リバー』

精神の解放をテーマにした『ザ・リバー』

物語の舞台となるのは、カザフスタン辺境の土地。人里離れたその土地に、5人の兄弟が住んでいる。少年たちは厳格な父親の元、家のしきたりや慣習を守り、質素に生活していた。ある日、遠い親戚だと名乗る一人の少年が現れる。やがてその

続きを読む

スタニスワフ・レムの難解に挑んだザッツ・エンターテインメント『ヒズ・マスターズ・ヴォイス』

スタニスワフ・レムの難解に挑んだザッツ・エンターテインメント『ヒズ・マスターズ・ヴォイス』

スタニスワフ・レム好きのなかでも「難解」「歯が立たない」といわれる『天の声』。異なる文明・文化をもつ者同士が初めて出会う、いわゆるファーストコンタクトものの部類に入るSF作品だ。ポーランド語独自の表現にあふれるレムの文学

続きを読む

愛が光として立ち上がる『世界の優しき無関心』

愛が光として立ち上がる『世界の優しき無関心』

現在開催中である東京国際映画祭2018も、残すところ数日となりました。期間中ありったけの時間を捧げ、腰が若干腰痛気味。本日は、アディルハン・イェルジャノフ監督の美しい映像詩とも言える『世界の優しき無関心』をご紹介したいと

続きを読む

フーテンの青年がインドの大地をビートで揺らす一大叙事詩『世界はリズムで満ちている』

フーテンの青年がインドの大地をビートで揺らす一大叙事詩『世界はリズムで満ちている』

昨年、日本で異例のロングランヒットとなった『バーフバリ』に続き、すごいインド映画がやって来た。『世界はリズムで満ちている』は、南インドの伝統的打楽器「ムリガンダム」の奏者を目指す若者の成長物語だ。歌あり、踊りあり、恋あり

続きを読む