【東京フィルメックス2018日記】③(板井)

【東京フィルメックス2018日記】③(板井)

   東京フィルメックスのレポートをお届けいたします。  第3回目は、11月20日(火)に上映された、ホン・サンス『草の葉』、ホー・ウィディン『幸福城市』、アミール・ナデリ『マジック・ランタン』の3作品を紹介し

続きを読む

【東京フィルメックス2018日記】②(板井)

【東京フィルメックス2018日記】②(板井)

本日も東京フィルメックスのレポートをお届けいたします。 第2回目は、11月19日(月)に上映されたヨー・シュウホァ『幻土』、ペマツェテン『轢き殺された羊』の2作品を紹介します。 ・ヨー・シュウホァ『幻土』A Land I

続きを読む

【東京フィルメックス2018日記】①(板井)

【東京フィルメックス2018日記】①(板井)

今年、19回目を迎える東京フィルメックスのレポートをお届けします。 今回は第一回として、11月18日(日)に上映されたアミール・ナデリ『期待』、フー・ボー『象は静かに座っている』、リティ・パン『名前のない墓』の3作品を紹

続きを読む

近浦啓監督『Complicityコンプリシティ』(2018)レビュー

近浦啓監督『Complicityコンプリシティ』(2018)レビュー

 男は暗闇のなか、懐中電灯の灯りをたよりに、壁に設置された給湯器をぎこちない手つきで窃盗しようと試みている。このショットから始まる映画は、日本に外国人技能実習生としてやって来た中国人青年チェン・リャン(ルー・ユーライ)が

続きを読む

精神の解放をテーマにした『ザ・リバー』

精神の解放をテーマにした『ザ・リバー』

物語の舞台となるのは、カザフスタン辺境の土地。人里離れたその土地に、5人の兄弟が住んでいる。少年たちは厳格な父親の元、家のしきたりや慣習を守り、質素に生活していた。ある日、遠い親戚だと名乗る一人の少年が現れる。やがてその

続きを読む