[159]『Me & Earl & the Dying Girl』


“Me and Earl and the Dying Girl”サンダンス映画祭にて審査員大賞および観客賞を受賞
米ユタ州パークシティで開催中のサンダンス映画祭で1日までに各賞が発表された。
アルフォンソ・ゴメス・レホン監督の「Me and Earl and the Dying Girl」が最高賞の審査員大賞および観客賞を受賞したと米メディアが伝えた。サンダンス映画祭は「若い映画人の育成」を目指して創設された映画祭であり、自主映画を奨励する性質をもつ映画祭である。(*1)
ティーンエイジャー向けお涙ちょうだい難病ものの『市民ケーン』と呼ぶべき『 Me & Earl & the Dying Girl 』は、クライテリオンDVDを集めるシネフィル向けに作り直された『きっと、星のせいじゃない。』のような映画だ。
臆病な男子高校生が白血病の女子高校生との交流を通して変化していく物語である。「Me and Earl and the Dying Girl」のジェシー•アンドリュースの小説をもとに、グレッグ(トーマス・マン)とアール(RJ Cyler)はパロディ映画を作っている。そんな中、母に強いられ、彼は末期の白血病患者であるレイチェル(オリビア•クック)と出会った。それは彼の人生に大きな変化をもたらしていったのだった。(*2)
「今週は信じられないほどカタルシスだった。」と映画監督、アルフォンソ•ゴメス=レホンはサンダンスの最終日の授賞式で語った。また「すべてのキャストとクルーに心から愛を込めて」とキャスト・クルーに感謝の意を示し、「この映画は失っていく過程にあるが、人生の素晴らしさと素敵な少年を称賛するために制作した。また、ユーモアを通して父の人生を称賛するためでもある。」と述べた。(*3)
グレッグとアールが劇中でつくる映画はユーモラスで陽気である。本作においてはこのパロディの元である映画の知識があるとより楽しめるだろう。『血を吸うカメラ』、『勝手にしやがれ』、『アイズ・ワイド・シャット』がこれにあたる。
アルフォンソ•ゴメス=レホンの映像技法は高く評価されている。”The Town That Dreaded Sundown”(*7)ではユニークかつ伝統的なスラッシャーホラーのような印象を残すジャンルの再開発において功績を残している。さらに彼はここにおいて撮影監督チョン•ジョンフンと共に次のレベルへと到達したようである。ウィップ・パンが効果的にフレーミングをシフトしている。エキストラを大勢いれた学校のカフェテリアでのドリー・ショットはシングルショットにおいてグレッグの世界へと観客は惹きこまれることであろう。劇的なシーンをロングショットで捉えるのも特徴の一つである。(*4)
役者においてもサンダンス映画祭のレビューにおいては多くのお墨付きをもらっている。グレッグの父親役(ニック・オファーマン)はそのファッションからも一目でわかるほど良い意味で嫌いになるだろうキャラクターが作り上げられ、レイチェルのママ(モリー•シャノン)の痛烈なアドバイスはあなたの胸にも響くことだろう。ジョン•バーンサルは最高にクールな先生である。(*4)(*6)
サンダンス映画祭
ロバート・レッドフォードにより1981年に設立され、サンダンス映画祭実行委員会は映画アーティストおよび映画館、そして新しいメディアを保護する目的をもつ非営利団体である。ユタ州のスキーリゾート地で有名なパークシティで、1978年より毎年1月中旬から11日間の開催。サンダンス映画祭やその他の公式プログラムは新しい創造とインディペンデントのストーリーテリングの手法等を奨励し、アーティストと観客を繋ぐ。
(*1) ME AND EARL AND THE DYING GIRL Wins Top Awards at Sundance 2015
http://collider.com/me-and-earl-and-the-dying-girl-sundanc…/
(*2) Time Out New York “Me & Earl & the Dying Girl”
http://www.timeout.com/us/film/me-earl-the-dying-girl
(*3) The Salt Lake Tribune “’Me and Earl and the Dying Girl’ lives large at Sundance awards
http://www.sltrib.com/…/…/live-sundance-2015-names-its-award
(*4) CRAVE ONLINE “Sundance 2015 Review: ‘Me & Earl and the Dying Girl’ Kills It”
http://www.craveonline.com/…/816087-sundance-2015-review-ea…
(*5) INDIEWIRE “The Best Films Of The 2015 Sundance Film Festival”
http://blogs.indiewire.com/…/the-best-films-of-the-2015-sun…
(*6)IMDB “Me and Earl and the Dying Girl”
http://www.imdb.com/title/tt2582496/
(*7) IMDB “The Town That Dreaded Sundown”
http://www.imdb.com/title/tt0075342/
http://www.sundance.org/…/2015-sundance-film-festival-annou…
雨無 麻友子 (青山学院大学)
AOYAMA FILMATE 2015 代表
http://aoyamafilmate.wix.com/aoyamafilmate2015
第27回東京学生映画祭 副代表
http://www.tougakusai.jp


1 Comment

コメントを残す