辺境、ローリング


 

久しぶりの投稿となりました イベント部の三毛です。

ここ数日は気怠く暑い日が続き、夏の気配にどきどきしてしまいますね。

 

さて、5月に記念すべき第一回目が開催されたIndieTokyo HomePartyですが、第二回目の開催が間近にせまっております。

6月7日(日)、今週末です。

 

最近のIndieTokyo、満席御礼の新文芸座シネマテークや来週のジョアン・ペドロ・ロドリゲス、大寺さんの横浜シネクラブ、IndieTokyo第一回配給作品『ハンナだけど、生きていく!』など、活動の情報がたっぷりすぎてついていけないほどですが、みなさまHomePartyのこともわすれないでくださいね。

 

 

第2回IndieTokyo HomeParty:6月7日(日)開場11:30開演12:00

冨永昌敬最新作『ローリング』公開記念イベント

 

『パビリオン山椒魚』で劇場用長編デビューした冨永昌敬が、その監督生活の全てを賭けて挑んだと自ら語る最新長編『ローリング』(出演:三浦貴大、柳英里紗、川瀬陽太ほか)の公開を記念して、その全貌に迫るイベントを開催します。 他では見られない超レアな冨永監督の特別映像も上映予定。トークゲストとして、アーティスト、非建築家、ドラァグクイーン、イラストレーター、映画批評家など様々な肩書きで活躍されているヴィヴィアン佐藤さんにお越しいただきます。

そしてさらに!ビッグニュースです。なんと本日、『ローリング』でヒロインのみはりを演じる柳英里紗さんにもお越しいただけることが決定いたしました劇中での体当たり演技がとても美しく印象的だった柳英里紗さん、当日はどんなお話が伺えるのか、いまからとても楽しみですね。HomePartyの会場内は舞台との距離がかなり近いので、個人的には柳さんを間近でお目にかかれることがうれしいです やった!

ゲスト:冨永昌敬さん、ヴィヴィアン佐藤さん、柳英里紗さん

 

会場は渋谷ラストワルツ

全席自由 ご予約&当日共 ¥2,000(税込み)

メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数  4.お電話番号
を送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

 

 

news_xlarge_rolling_201503_01

 

6月13日(土)公開『ローリング』ですが、ヒゲノさんにつづきわたしも一足先に拝見いたしました。

 

観賞中も観賞後もわたしのあたまのなかにとにかく出ていた言葉は、「おもしろすぎる」でした。どの観点からとっても比類なきオリジナリティがこちらの身を包むほど放たれていて、いくらなんでもおもしろすぎる。単純な感想ですが、わたしはこんな映画を日本映画ではいまだに観たことないような気がして、気が動転してしまいました。普段の生活では遭遇できない「辺境」をみてしまったような。

印象的だったのは、舞台である水戸の風景、劇中の音楽。そしてみはりを演じる柳英里紗さんの湿っぽい声、横顔と首筋のうつくしさ、しなやかでどこか退廃的なそのファムファタル的魅力にくぎづけになりました。

あっというまの90分間、大きなスクリーンと音響で楽しみたい映画です。

公開は来週13日、みなさま是非映画館へ足を運んでください。

 

予告編はこちら

 

 

6/7(日)は、冨永監督とも直接お話が出来る貴重な機会になるかと思います。

梅雨がはじまってしまいましたが、日曜日の予報は晴れです(♡)

それでは、渋谷ラストワルツでお待ちしております。

 

 

三毛かりん

イベント・上映部門担当。日本大学芸術学部映画学科監督コース専攻。目標は誰にも迷惑をかけずに四年で卒業すること。お守りは左胸につけたアンナ・カリーナのバッジ。ガーリーカルチャーが好き。