青春映画学園祭


みなさまこんにちは。のりさだと申します。

本日はみなさまに、9月17日から開催のGucchi’s Free Schoolさんプレゼンツ「青春映画学園祭」を紹介させていただきます!

 

b4-768x542

これまで『アメリカン・スリープオーバー』や『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』など日本未公開作品を字幕付きで上映してきたグッチーズさんですが、今年も素敵な映画祭を開催するようです。

9月17日、初回となる上映は、リチャード・リンクレイター監督の日本未公開映画『スラッカー』!

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc 

インディーズ映画の雄リンクレイターによる、90年代アメリカ・インディペンデント映画のキーとなるこの作品。もちろん日本語字幕付き!

『スラッカー』では、テキサスのオースティンに住む風変りな若者達の生活の一日が描かれています。魅力的な100以上のキャラクターが登場。16mmフィルムで撮影された本作の製作費はわずか3000ドルということですから、まさにインディペンデント映画ですね。

リンクレイター『6歳のボクが、大人になるまで』もそうでしたが、この作品も誰かのホームビデオを見ているような感覚になるんだそう。リンクレイターの映画は見ていて他人の記憶を「思い出す」ような感覚がありますよね。記憶の共有という点でも、大勢の観客と一緒に映画館で見るべき映画だと思います。そもそもソフト化の予定はないそうですから、この機会をみすみす逃すなかれ。

後世に絶大な影響を与え、のちに監督する事となる傑作『バッド・チューニング』の関連も随所に見て取れる90年代インディペンデント映画の歴史的な一本!とのことで、期待大ですね!『スラッカー』は来る9月17日21:00から!

 

さて、続いて、私が試写させていただいた『ビヨンド・クルーレス』という作品についても紹介させていただきます。こちらの作品は、飛んで10月8日の上映です。

beyond_clueless_quad 

映画『クルーレス』が公開された1995年から2004年『ミーン・ガールズ』までのティーン映画を収集、分析した作品で、引用された映画はなんと約200本! 映画祭では、その約200本の映画を解説したリストも配布されるそうです。クレイジーですね。大好きです。

これはマジでヤバい作品で、封印した青春時代を問答無用でえぐってきます。青春映画ってそういう機能がある気がするんだけど、なんたって200本の映画が引用されているわけですから、その攻撃力は絶大です。

それから、あーこの作品すごい好きだったなー、忘れてたけど。という青春映画に関する記憶も蘇り。各々の青春の記憶と青春映画の記憶を問答無用で掘り起こしてきます。私は恥ずかしさと嬉しさで死にそうになりました。

青春と青春映画を思い出して悶える感覚を、逃げ場のない満員の劇場でみなさんにも味わってほしいと思います!

 

本日簡単に紹介させていただいた「青春映画学園祭」。今年はなんと7作品!どれも気になりますね。

あと個人的には、上映に合わせて特別に作られたグッズがとっても可愛いので、それもすごく楽しみです。

 

というわけで要チェックの映画祭の紹介でした!どうぞよろしくお願いします!

 

【青春映画学園祭前夜祭】
会場:渋谷TOEI
日程:9月17日(土)
20:45 開場 21:00 開演
『スラッカー(Slacker)』
一般(当日券のみ):1,800円(当日20時より会場にて販売開始致します)
学園割:1,500円(年齢を問わず制服を着ている方、偽IDをお持ちの方限定)
<来場者プレゼントあり!>

【青春映画学園祭】
会場:ユーロライブ
日程:10月8日(土)・9日(日)
一般:1,500円(当日10時より、その日上映するすべての作品を同時に販売致します)
学園割:1,300円(年齢を問わず制服を着ている方、偽IDをお持ちの方限定)
1日目券:4,300円(雑誌兼パンフレット付き)
2日目券:3,000円(雑誌兼パンフレット付き)
全日券:6,800円(雑誌兼パンフレット付き)
※1日目券、2日目券、全日券は前売り券として渋谷TOEIで開催される前夜祭のみで販売致します(前売り券は数に限りがございます)

10月8日(土)
『タナー・ホール(Tanner Hall)』
10:50 開場 11:00 開演
『ハイスクール マリファナ大作戦(High School)』
13:00 開場 13:10 開演
『ビヨンド・クルーレス(Beyond Clueless)』
15:10 開場 15:20 開演
※上映後、山崎まどか氏(コラムニスト)、長谷川町蔵(ライター、コラムニスト)によるスペシャルトークショー(50分)

10月9日(日)
『ティーンエイジ(Teenage)』
10:50 開場 11:00 開演
『シスターフッド・オブ・ナイト 夜の姉妹団(The Sisterhood of Night)』
<先着プレゼントあり!>
14:35 開場 14:45 開演
※上映後、柴田元幸氏(翻訳家)による朗読会およびスペシャルトークショー(50分)
『特別上映』(詳細は近日中に発表致します)
15:55 開場 16:05 開演

 

 

青春映画祭予告編

 

 

Gucchi’s Free School

http://gucchis-free-school.com/

 

則定彩香
WorldNews部門、新文芸坐シネマテークゆるキャラ(のりさだちゃん)、オルタナS執筆、ときどき取材カメラマン。横浜国立大学都市イノベーション学府にてバザンとトリュフォーを研究中。