市川崑監督「野火」と塚本晋也監督の「野火」


 

 

角川シネマ新宿にて、1月16日から、
市川崑監督の100年記念映画祭「市川崑 光と影の仕草」が開催されています。

先日1月29日のは「野火」が上映されました。

トークゲストとして、
昨年2015年の夏から上映が開始された、
「野火」の監督である塚本晋也監督が登壇されました。

塚本監督のトークに聴き入り、 時々笑いが起こっていました。

私も、昨年、塚本監督の「野火」を観ていて、どういう思いで作ったのか、とても興味があったので、そのことが知れたとても楽しい時間でした。

IMG_0490

 

塚本監督は、大岡昇平の小説「野火」を高校生の時に読み、
塚本監督自身が主人公である田村一等兵として、
戦争の恐ろしさを感じることが出来たことや、
田村の見た景色が思い浮かんだことから「野火」を映画として作りたいと思いはじめ、それから約40年を経て、昨年完成した塚本監督の「野火」と、市川崑監督の1959年に作られた「野火」について語っておられました。

塚本監督の「野火」について話していた中で、

特に印象に残っているお話は、
「野火」と塚本監督の関係で、塚本監督は映画で田村一等兵を演じているわけですが、役者として芝居をした、そして監督として、映画を撮った感覚ではなく、塚本監督自身が「野火」をフィリピンという大自然で体験した、と話していたことです。監督自身が「野火」にどっぷりと入り込んだと話されていました。

私はそれを聞いて、そうやって作ったからこそ、塚本監督の「野火」を観て、戦争という恐ろしい現実をどの映画にも勝って感じたのだなと思いました。

同じ大岡昇平さんの「野火」を映画化したわけですが、戦争を体験し、また上映時にもまだまだ戦争を体験した日本人がたくさんいた中で作られた「野火」と、戦争を体験していない日本人に、戦争の恐ろしさを伝えたいと作られた「野火」と、作られた時代の違いが、この映画の違いのひとつではないかと話されていましたが、その通りだと感じました。

 

nobi     野火

 

また監督は、監督が感じる市川監督の「野火」との違いのひとつとして
塚本監督は、原作に忠実に作っているが、市川監督はかなり脚色をしていると話されていて、

具体的に挙げると、”サルの肉”をめぐるシーンです。塚本監督は、原作の田村の”サルの肉”を食べる/食べないの強い葛藤を、市川監督の「野火」では歯がボロボロで食べられないと変えることで上手く映画的に置き換えている

そしてそこに、絶対に”サルの肉”を食べさせないという作り手の思いを感じると語り、このトークを締めくくりました。

この話の他にも、中学生の時から、8ミリで映画を撮っていて、市川崑監督に影響されて作った映画の話、昔は映画監督か、冒険家どちらかになろうかと迷っていたお話など、

たくさんのお話が聞けて、とても充実した時間でした。

監督がオススメされていた「股旅」や、その他の市川崑監督の作品も、ぜひ映画館で観たいと思います。

IMG_8061

 

永山桃
早稲田大学一年生。二階堂ふみさんと、池脇千鶴さんと、田中絹代さんが好きです。役者を志していますが、いろいろな形で、映画に一生関わって生きていきたいです。あとは、猫が好きなのに、柴犬をかっています。ワンワン!