[057]『金曜日の午後に』

[057]『金曜日の午後に』

先週の火曜日(7月8日)第12回中東映画研究会にてイラン人女性監督モナ・ザンディの初長編映画で日本未公開作品の『金曜日の午後に』が上映された。 『金曜日の午後に』は、近親相姦そして婚外出産といったタブーに大胆に踏み込んだ

続きを読む

[054]デジタル時代の映画脚本術

[054]デジタル時代の映画脚本術

 アメリカ人はフォーマット作りが得意です。ベースとなるフォーマットをまず作り、その上で個人が自由に想像力を羽ばたかすことができる、そうした環境作りを進めるのが、アメリカ的なものの考え方の基本にあるように思います。  もち

続きを読む

[051] 『荒野の千鳥足』

[051] 『荒野の千鳥足』

スコセッシを「凄まじいほど不快」と唸らせた幻の豪映画、40年以上の時を経て今秋初公開 「オーストラリアを描いた、史上最高で最恐の映画」(ニック・ケイヴ)、「言葉を失った」(マーティン・スコセッシ)、「パワフル、ショッキ

続きを読む

[050]『ニンフォマニアック』

[050]『ニンフォマニアック』

上映時間4時間!「過激な性表現」が持ち味のトリアー監督の新作 『奇跡の海』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』といった作品で知られ、近年は『アンチクライスト』『メランコリア』など「極限下における愛」を描いた、数々の問題作を発表

続きを読む

[045]劇場にまつわる記憶、アート

[045]劇場にまつわる記憶、アート

劇場と記憶について考えたとき、杉本博司*の一連の劇場のシリーズの写真を思い浮かべる。映画1本を上映する間、長時間露光で撮られた作品だ。モノクロームで、スクリーンが白く浮かんでいるかのようなその写真は映画を観ている最中に私

続きを読む