アーティクル

[172]菊地凛子主演『トレジャーハンター・クミコ』

[172]菊地凛子主演『トレジャーハンター・クミコ』

ゼルナー兄弟の最新作『トレジャーハンター・クミコ』(原題:”Kumiko, the Treasure Hunter”)が米国で公開されるまで、もう数週間待たなければならない。その公開に先立ち、本作

続きを読む

[171]グローバー・ルイス、 ニュー・ジャーナリスムと映画を繋いだ書き手

[171]グローバー・ルイス、 ニュー・ジャーナリスムと映画を繋いだ書き手

ニュー・ジャーナリスム(あるいはゴンゾー・ジャーナリスム)と聞くと、トム・ウルフやハンター・S・トンプソンといった人物が真っ先に思い浮かばれるかもしれないが、同時代に彼らと肩を並べて活躍したライター、グローバー・ルイスと

続きを読む

[170]『イーダ』第87回アカデミー賞外国語映画賞受賞!

[170]『イーダ』第87回アカデミー賞外国語映画賞受賞!

   今年も、アカデミー賞の季節がやってきた。アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の4冠に輝き、激戦を制した。(*1)

続きを読む

[169]Gaumont社がローレル&ハーディをアニメ化!

[169]Gaumont社がローレル&ハーディをアニメ化!

Gaumont社は、120年の歴史を持つフランスの映画製作会社だが、そのアニメーション部門が、ローレル&ハーディをもとにした2Dアニメシリーズを制作することを発表した。 ローレル&ハーディは、1920年代から大ブレイクし

続きを読む

[168]アカデミー賞を盛り上げる名司会者

[168]アカデミー賞を盛り上げる名司会者

日本でも注目のアカデミー賞授賞式が間近に迫っている。もちろん賞の行方が気になるところではであるが、本記事ではショーを盛り上げる司会者とその舞台裏にフォーカスしたい。 第87回アカデミー賞授賞式の司会は俳優のニール・パトリ

続きを読む

[167]クロード・ランズマン監督『ショア』

[167]クロード・ランズマン監督『ショア』

ポーランド南部のアウシュヴィッツ強制収容所に収容されていたユダヤ人がソ連軍によって解放されてから、先月27日で70年が過ぎました。同日、ポーランド各地では記念式典がおこなわれ、各国の元首相や市民など、記憶を継承しようとす

続きを読む

[166]ヴィム・ヴェンダース監督:全編3Dドラマ映画という挑戦

[166]ヴィム・ヴェンダース監督:全編3Dドラマ映画という挑戦

全編3Dで製作されたヴィム・ヴェンダース監督の最新作、Everything Will Be Fine(2015・原題)のワールドプレミアが、ベルリン国際映画祭で行われました。この映画は、不慮の事故で子供の命を奪ってしまい

続きを読む

[165]ロジェ・アナンについてあなたが知らないかもしれない3、4つのこと

[165]ロジェ・アナンについてあなたが知らないかもしれない3、4つのこと

先日、89歳で亡くなられたフランスの俳優ロジェ・アナン氏。フランス映画が好き!スパイ映画が好き!という人は、1度は聞いたことがある名前でしょう。彼は、89年から2000年代後半にかけて仏国内で放送された連続テレビドラマ「

続きを読む

[164]アメリカ市民社会の理想を体現した一人のジャーナリストの死

[164]アメリカ市民社会の理想を体現した一人のジャーナリストの死

『ヒズ・ガール・フライデー』(ハワード・ホークス)や『パーク・ロウ』(サミュエル・フラー)など、強烈な職業意識に貫かれた筋金入りのジャーナリストは、かつてアメリカ映画が好んで描いた典型的キャラクターの一つだった。それはま

続きを読む

[163]スパイダーマンがマーベルに戻ってきた!

[163]スパイダーマンがマーベルに戻ってきた!
ソニー・ピクチャーズが2017年に公開される新作映画『スパイダーマン』に向けてディズニーの所有するマーベルと提携を組んだことを9日、発表した(*1)。1999年にマーベルが700万ドルで権利を売り渡して以来、スパイダーマ続きを読む