アーティクル

[507] 『Rough Night』に見るコメディ映画の新たな傾向

[507] 『Rough Night』に見るコメディ映画の新たな傾向

先週末(16日)からアメリカを始め世界15カ国で公開されているダークコメディ映画『Rough Night』[*1]。スカーレット・ヨハンソンが主演し、女性監督ルシア・アニエロの長編デビュー作であるこの作品は、アメリカで女

続きを読む

[506]フランソワ・オゾン新作 

[506]フランソワ・オゾン新作 

*以下、オゾン監督の2017年公開の新作『l’amant double』のストーリーのネタバレを含みます。 ジェレミー・レニエ(『ある子供』『ロルナの祈り』)とマリーヌ・ヴァクト(『17歳』)が危険な刺激臭漂

続きを読む

[505] アッバス・キアロスタミは映画より写真の方が好きだった?

[505] アッバス・キアロスタミは映画より写真の方が好きだった?
『友だちのうちはどこ?』やパルムドール受賞作の『桜桃の味』、高梨臨主演の日本語作品で、一般上映作品としては最後の作品となった『ライク・サムワン・イン・ラブ』などで世界的に有名なイランの映画監督アッバス・キアロスタミが世界続きを読む

[504]実写版「AKIRA」映画化について、東京生まれLA育ちのフィルムメーカーヒロ・ムライが語る。

[504]実写版「AKIRA」映画化について、東京生まれLA育ちのフィルムメーカーヒロ・ムライが語る。

フライング・ロータスの「Never Catch Me」やマッシヴ・アタックら、 数々の大物アーティストとの映像作品を手がけた気鋭の日本人映像作家ヒロ・ムライが、 「AKIRA」実写化の監督をする可能性が浮上した。   実

続きを読む

[503]トランプ時代のアメリカに走る『侍女の物語』の衝撃

[503]トランプ時代のアメリカに走る『侍女の物語』の衝撃

4月26日から米huluで配信の始まった”THE HANDMAID’S TALE”。出産可能な女性が奴隷のように扱われる近未来ディストピア世界を描いたドラマです。6月1日現在でシーズン1、10話のうちの第7話までが放映さ

続きを読む

[502] ニコール・キッドマンが女性監督の作品に出る理由

[502] ニコール・キッドマンが女性監督の作品に出る理由

今年のカンヌ国際映画祭で、4つの作品でレッドカーペットを歩くという、”カンヌの女王”ぶりを披露したニコール・キッドマン。 『How to Talk to Girls at Parties』では、エ

続きを読む

[501] 『タンジェリン』監督最新作は35mmフィルムで撮影!

[501] 『タンジェリン』監督最新作は35mmフィルムで撮影!

画像 1 先日、第70回カンヌ国際映画祭が幕を閉じた。 今年度はこれからの映画は私たちにとってどのような存在になる得るのかということを考えさせる問題が多かったように思う。 昨年のトロント国際映画祭で上映された『タンジェリ

続きを読む

[500]トッド・ヘインズ最新作”Wonderstruck”

[500]トッド・ヘインズ最新作”Wonderstruck”

第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門においてトッド・ヘインズ監督の最新作”Wonderstruck”が上映された。 『ヒューゴの不思議な発明』の原作者である児童文学作家ブライアン・セルズニックが原作・脚本を担当し

続きを読む

[499]ハリウッドにおける女性の映画音楽作曲家たちの現状

[499]ハリウッドにおける女性の映画音楽作曲家たちの現状

ハリウッドで働く女性たちにとって、雇用の面で未だに厳しい時代が続いているが、特に作曲家にとっては、その傾向が著しい。マーサ・ローゼンのCelluloid Ceiling Reportによれば、2016年に、興行収入が上位

続きを読む

[498]『この世界の片隅に』海外での評価

[498]『この世界の片隅に』海外での評価

2016年の11月に公開された『この世界の片隅に』はSNSなどの口コミで評判が広がり、ミニシアター系映画としては異例のヒットとなりました。公開から6カ月を経た今も各地の劇場で公開されています。また、第40回日本アカデミー

続きを読む