[512]ソフィア・コッポラ監督最新作インタビュー


第70回カンヌ国際映画祭にて監督賞を受賞したソフィア・コッポラ監督の6番目の作品となる最新作『The Beguiled(原題)』が6月24日からアメリカにて公開され、今年冬に日本での公開を控えている。今作品はトーマス・カリナンによる小説『A Painted Devil』を原作とした1971年ドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッド主演『白い肌の異常な夜』のリメイク版、という形になる。

幻想的で繊細、メランコリーな少女たちの世界を舞台にしてきたこれまでの作品とは違い、南北戦争時代が舞台という新しいジャンルに踏み出したコッポラ監督のインタビューをまとめたい。

-今作品において、インスピレーションとなったものは?*1

作品全体の雰囲気や色作りのために、ウィリアム・ウグルストンの写真や、南北戦争を舞台にした映画作品や写真、肖像画をはじめとしたその時代について沢山の参考資料を集め、プロダクションデザイナーであるAnne Rossとの話し合いの中で決めていきました。

-照明や色使いによる全体のイメージとして、理想としていたものは?*1

撮影としては、自然なもの、そして女性だけで構成される世界や彼女たちのものの見方に入り込めるよう、柔らかくフェミナンなものを創りたかった。それによって戦争から帰ってきたばかりの兵士とは全く対照のものが生まれるし、物語の展開に従って、その変化は驚くべきものになるから。そこで観客は柔らかくて女性的な世界に投げ込まれるの。同時に私は、南部ゴシックというジャンル、それをどのような設定にして、どのような物語をそこに描いていくのかも考えました。

-自然の光を使った演出は素晴らしかった。*4

撮影監督のフィリップ・ル・スール、彼が自然光と蝋燭の明かりをとてもうまく使い、素晴らしい仕事をしてくれました。

-古典的な衣装と現代的なそれが混合しているように思われる衣装は、どのようにして行き着いたのか?*2

その当時の白黒のポートレイトを参考にしました。また、実際にメトロポリタン美術館へ足を運び、当時の布製品についての資料を集め、現代的な視点からも見ながら、どのようなものが良いか検討しました。そこで今回は、大きなフープは着用しないことに決めました。彼女たちは庭仕事をし、周囲に男性は誰一人としていないから。その代わりに丈の長いスカートを着せることにしました。一人の男がディナーにくるまでは。

-ドン・シーゲル監督作品からの影響は?*2

いいえ、彼の『白い肌の異常な夜』を観てこの物語について知りましたが、今回製作するにあたり彼の作品ではなく原作小説に立ち戻り、もう一度自分の中でこの物語のイメージを再構築することに努めました。彼の映画作品も好きですが、私の作品とは全く異なるもの。彼の作品での、一人の野生的な兵士が女性たちの世界に踏み込んでいく物語とは逆の、とても柔らかく女性的なものにしたかった。

-どのようにして南北戦争時代を描こうとしたのか?*2

私自身が持つ南部への印象としては、映画『風と共に去りぬ』からの影響が強かったです。女性たちがコルセットを縛る場面は、南北戦争を舞台にした映画から得たもののひとつ。

-原作では奴隷が描かれているが、彼らをカットしたのはなぜ?*2

原作で登場する奴隷たちは、ステレオタイプな見地で描かれていて、私が作りたかったのは南北戦争における人種問題についての映画ではなかった。原作を読んだ時、私自身がもっと知りたいと興味を感じた登場人物の性格や場面に焦点を、その中で特に女性にフォーカスを当てることに決めました。原作を基に脚本を進める過程で、どこに焦点を当てるのか、伝えたい物語の中心であると感じるものは必要だと思う。

しかしコッポラのこの描き方について、彼女は政治的側面について目を向けていないという批判もある。これに対しコッポラは、BuzzFeed Newsのインタビューで次のように述べている。*3

わたしはそのような重要な話題について、軽く触れるようなことはしたくなかった。勿論それについて言及されることが望まれるのは理解しています。ただそれは映画を観てくれる若い少女たちを始めとする観客たちに私が見せたいと望むアフリカン・アメリカンの女性たちの姿ではなかった。

監督賞受賞においてカンヌ史上女性2人目という偉業を成し遂げたコッポラの今作品。彼女独自の女性の幻想的な世界で描かれる今作品とドン・シーゲル監督作品との比較や南北戦争時代の描き方にも、注目したい。日本での公開は今年冬予定。

参考URL
*1 https://www.filmcomment.com/blog/interview-sofia-coppola/
*2 https://www.villagevoice.com/2017/06/28/the-sofia-coppola-touch/
*3 https://www.buzzfeed.com/alannabennett/sofia-coppola-beguiled-power-dynamics?utm_term=.rubVG1DJA6#.gqZN3OjY97
*4 http://www.slashfilm.com/the-beguiled-sofia-coppola-interview/

三浦珠青
早稲田大学3年生。映画と本とエスニック料理が好きで、パリでタイカレーを作る日々。


コメントを残す