[022]自主制作映画を世に送り出すまでの、10のステップ


みなさん、こんにちは!現在、開催中のカンヌ国際映画祭も、さまざまな話題を振りまき、佳境を迎えています。今回は、自主制作映画が世に送り出されるまでの道のりについて、考えてみたいと思います。大手のスタジオに所属しない若手の映画制作者たちは、将来のキャリアについてどう青写真を描くことができるでしょうか。そして、キャリア・パスのステップをどう切り開くことができるのでしょうか。
自主制作の映画に関わる人向けのネットワキーング・サイト、IndieWireでは、この5月に自身初の長編映画のブラックコメディ、”5150 Mall Cop” が公開されたデイヴィット・グリーンスパン(David Greenspan)監督に、 “自主制作映画を世に送り出すまでの、規格外の10のステップ (10 Unconventional Steps to Get Your Indie Film Out in the World)” を聞いています。
グリーンスパン監督は、”Bean Cake (おはぎ)” で、2001年開催の第54回カンヌ国際映画祭の短編映画部門で、グランプリにあたるパルムドール(Palme d’Or)を受賞しています。全体主義の気運が高まる1930年代の日本を舞台に、コミュニティと個人の適合・不適合という普遍的なテーマをシンボリックに描いた”Bean Cake” は、同年のアメリカン・ショート・ショート・フィルムフェスティバル東京でも上映され、日本でも話題になりました。グリーンスパン監督は映画制作を志す前、ハーバード大学で経済学と東アジア研究を専攻しています。
“Bean Cake” は、グリーンスパン監督がハーバード大学を卒業後、南カリフォルニア大学(USC)に進み、美術の修士号を取得したときに取り組んだ卒業製作でした。学生作品のパルムドール受賞はUSCにとっても初めての快挙でした。世界的に非常に権威のある映画祭で、卒業制作の作品が認めらるという、輝かしい経歴を見れば、多くの人は、彼の順風満帆なキャリアを期待するでしょう。確かに彼はパルムドールの受賞をきっかけに、プロデューサーに声をかけられます。しかしその時に彼が出した “正統派コメディ” の脚本は、「他にもっと面白くて、独創的で、個性的な企画はありますか」と丁重に、しかしいともあっさり突き返されてしまいます。
それでも、”5150 Mall Cop” の基になる友人の脚本を提出し、好反応を得え、キャスティング、撮影も始まり、グリーンスパン監督は入りこんだ憧れのショービジネスの世界に圧倒されながらも、プロの映画監督への道を意気揚々と進もうとします。しかし、挿入歌の使用権の費用や配給先の確保に苦労が続き、「時代を代表するような映画監督になるというハリウッド・ドリーム」も次第に凋みかけていきます。
作品の大規模な公開を諦め、彼は、日本でも放送されている人気ドラマ『グレイズ・アナトミー―恋の解剖学(Grey’s Anatomy)』で映像編集担当として働き始めます。そして、ドラマ制作で培った編集技術を生かし、友人のバンドに音楽を頼み、そして新しいプロデューサー担当を得、ようやく自主製作映画の配給を中心に行うインディカン・ピクチャーズ(Indican Pictures)から”5150 Mall Cop” の公開にこぎつけたのは、パルムドールから13年目の今年、2014年の5月でした。一方で、グリーンスパン監督はドラマ制作も続け、今ではディレクターとして人気ドラマ『グレイズ・アナトミー』の中枢を担っています。
制作者にとって、配給業者を見つけることは、おそらく最大の難関の一つでしょう。どんな作品も配給してくれる人がいなければ、日の目を見ることがありません。興業ビジネスから距離おいて、社会の隙間、ニッチを埋める文化・芸術活動の重要性を確認しつつも、制作者が自身の生活を支える経済的基盤やキャリアの継続・成功という問題に直面、葛藤している現実があります。
将来の自分のキャリアを思い描くとき、お手本となるようなロール・モデルを見つけるというのはひとつですが、おそらく若手の映画制作者たちがグリーンスパン監督の10つのステップをそのままなぞることは難しいでしょう。まず、卒業制作で国際的な映画祭で賞をとることも難しいでしょうが、あるいは、彼がその後に経験する困難を同じように体験するとも限りません。そもそも自主制作映画、独立した文化・芸術活動の世界において、実際にはキャリア・パスは十人十色、だれしもが「規格外」なのかもしれません。
それでも、世界各国で放映されている人気ドラマと、10数年越しに公開にこぎつけた自主制作長編作品という、二つのキャリアを積み重ねて来たグリーンスパン監督を作った10のステップから、何か自分に引きつけて励みにできることがあるとするならば、仕事やキャリアに関する柔軟性と、「続けること」かもしれません。
IndieWire: 10 Unconventional Steps to Get Your Indie Film Out in the World
http://www.indiewire.com/…/10-unconventional-steps-to-get-y…
Indican Pictures: “5150 Mall Cop” 予告編
http://www.indicanpictures.com/indicanpictur…/5150-mall-cop/
Film Threat: Bean Cake
http://www.indicanpictures.com/about/


コメントを残す